Monthly Archive:: 6月 2009

リベラシオン紙の表紙

 6月8日付リベラシオン紙の表紙はダニエル・コンバンディット。今回の欧州議会選挙で大躍進した〈欧州エコロジー〉のリーダーだ。1968年の5月事件* では、エネルギッシュな行動力と巧みな演説で中心的な役割を演じ、「ダニー」 […]

マロワル Maroilles

 昨年大ヒットしたフランス映画『Bienvenue chez les Ch’tis』で、ダニー・ブーン演じるアントワーヌがプチ・デジュネにこのマロワルをパンにたっぷり塗って食べていて、居候していたアブラハム氏 […]

のみの市、イベント情報

●Fête de la musique6月21日は午後から夜中まで全国の広場や街角でアマチュア、プロのミュージシャンが総動員。パリならバスチーユやレピュブリック広場、シャン・ド・マルスやルーヴル中庭、ポンピド […]

新しい散策方法を発見!

 娘のクラスに付いて、学校の周辺を午後散策する機会に恵まれた。以前「子供は意外に散歩が苦手」と書いたことがあるけれど、友だちと一緒、しかも自分たちの地区の、歴史や道、建物の由来などがクイズになったシートに書き込みをしなが […]

コンチネンタル、労使合意。

 3月半ばから続いていた独タイヤ製造コンチネンタル社クレロワ工場(オワーズ県)のリストラ争議の決着がついた。5月29日、規定の解雇手当に加えて1120人の従業員一人当たり5万ユーロの離職手当の支払いで労使が合意し、6月6 […]

オリジナルな写真のディスプレイ。

 写真の楽しみは撮るだけでなく、それを飾ることにもある。普通はフレームに入れて本棚やタンス上などのデットスペースを利用して、ちょっとしたフォトギャラリーを作ったり、レールにクリップなどで写真を吊るしたり、コルクボードに留 […]

Chinchards en escabeche

Les premiers européens qui sont arrivés au Japon, en 1543, étaient portugais. Jusqu’ […]

国立小学校をお受験。

 「お受験なんて他人ごと」と高をくくっていたものだ。だがこれが親の弱いところで、いざ自分の子供の小学校入学が近づくと、「本当に近くの公立学校でよいのか?」と悩んでしまった。というのも、パリから少し離れたところに日仏のバイ […]

就労連帯手当RSAの施行。

「エールエムイーをもらってる」とか「エールエムイーを申請すれば」とか日常生活のなかでよく耳にする。RMI(社会復帰最低収入手当)は1988年にミッテラン政権のロカール首相が、当時急増しつつあった長期失業者を対象に施行した […]

Evenements japonais a Paris et ailleurs

MAGAZINELe Monde diplomatique publie rarement des articles sur le Japon. Aussi peut-on se réjouir

干ダラ Morue

 morueはcabillaudと呼ばれる大きなタラを塩漬けにして干したもので、ポルトガル料理やアンティーユ諸島の料理には欠かせない。大きく身が厚いものほど値が張り、キロ10€から15€くらい。身が厚 […]

–帽子成形用の木型職人 — 曲線へのセンスが大切。

 美しい帽子作りの裏には、人の頭のラインを知り尽くした職人の仕事がある。パリの証券取引所近くにアトリエを構えるロレンゾ・レさんは、formier(フォルミエ)と呼ばれる世界でも数少ない帽子用木型作りの職人さん。シャネル、 […]