Monthly Archive:: 6月 2008

スモークサーモン製造アトリエ– フランスで最初に Bioのサケを使う。

 モントルイユにあるスモークサーモンの製造アトリエSAFAは、従業員40人ほどの小さな会社。だが、画期的な発見で、食の分野に大きな貢献してきているのだ。創業は1926年。創始者リュバン氏はポーランド出身で、初期は東欧から […]

Les Comperes — 気軽さがうれしいワイン・ビストロへ。

 手間をかけた料理でありながら、前菜+メイン、またはメイン+デザートでどちらもコーヒー付きの昼コースが14€といううれしい店。本日のランチは、温かな山羊乳チーズのサラダと、エイのケッパー風味ライス添え、デザート […]

Yves Saint Laurent モード界の変革者イヴ・サンローランが亡くなった。

6月3日付リベラシオン紙。  6月1日、ファッションデザイナーのイヴ・サンローランが亡くなった。71歳。5日に行われた葬儀には、ゴルチエ、ガリアーノ、ラクロワ、ドヌーブなどのほか、サルコジ大統領夫妻なども参列した。 サン […]

子牛肉の串焼きは、バーベキューの花形! Brochette de veau

 暑くなってくると、友人たちを招いて、庭やバルコニーでバーベキューを楽しむ人が多い。バーベキューに適した肉は、トリのもも肉や手羽先、子羊のもも肉や骨付き背肉、豚のフィレ・ミニョンや三枚肉、子牛のもも肉や骨付きのフィレ肉& […]

OVNI 634 : 2008/6/15

「シャネル同様に、私は自分のデザインした服のコピーが出回ることを受け入れてきました。世界中の女性たちが、パンツスーツやスモーキングを着てくれることは大いなる誇りでした。現代の女性たち向けの数々の服を創ることによって、私の […]

ovni le 15/06

NOTRE COUP DE COEUR EXPOSITION Artiste japonais, Tadatsu Takeshi expose avec deux autres artistes

初対面の人でもビズすること

 日本人がフランスで生活を始めたときに、まずたじろぐ習慣が、ほっぺたにチュッチュッとやるアレ。ビズ。日本では経験のない習慣だけに、なかなかなじめない人もいるようだ。逆にビスをすることに抵抗がなくなると、日本的なスキンシッ […]

chevre de Charentes

 今が旬の山羊乳チーズが続きます。ブルゴーニュ地方の名高いシャロレを紹介しようと思って、チーズ屋に出かけたら、どれも熟成が進んでいて、表面に灰緑のカビがはえているようなものばかり。柔らかな山羊乳チーズが食べたかった時だっ […]

OVNI 634 : 2008/6/15

●市庁舎前広場に小池と植物園6月14日~8月17日、市庁舎前に小池と450種の灌木がなす夏の庭園。中央部は7月中旬からミニゴルフ場に。 ●Fête de la Musique6月21日、街は音楽で溢れる。ww […]

イチジク figue

 地中海沿岸が産地のイチジクは6月になると出回る。古くから知られていた果物で、ローマ時代には、すでにハムと一緒に賞味されていた。 最近、イチジクを使った前菜がパリのビストロなどで人気者になっている。皮ごとくし形に切って、 […]

Exposition : Hokusai nous rend fou de dessin et de peinture

Il y a quelques années, François Place avait publié un remarquable ouvrage intitulé […]

ミラは日本語が上手い…

 ミラは日本語が上手い、ような気がする。考えてみれば、なんてことはない。私がジルと別れたため、家では私しか話す相手がいなくて、常に日本語を使わざるを得ない状況なのだ。別居にも利点があったのだと、せいぜい自分を慰めてみる。 […]