Monthly Archive:: 4月 2004

批判の余地がない作品。 Printemps, ete, automne, hiver… et printemps

昨年、『冬のソナタ』(ユン・ソクホ監督)という韓国のTVドラマがNHK衛星で放映され大ブレイク。今年に入って地上波でも放映され、主演女優のチェ・ジウや男優のペ・ヨンジュンに会うツアーを日本の旅行代理店が企画するほどの騒ぎ […]

RERに乗って春をさがしに。

に乗って春をさがしに。  広々とした畑も春の色。 コンフラン・サントノリーヌは、ペニッシュの港町。    ミリー・ラ・フォレのチャペル。   春です。 パリ南北東西の郊外へ向かって走っているRER線に乗って、春 […]

今、ヌーボー・シルクがおもしろい!

    フランスでは今、新しい形のサーカスが花盛り。 演劇、ダンス、音楽、現代美術、ビデオ、いろんな分野の美味しい栄養素を体いっぱい吸収しながら、今までのサーカスのイメージを革新し続けている。(瑞)   […]

DE KIKI A SHARA, AVEC UNE SÉANCE

Cahin-caha, des films japonais continuent de sortir dans les salles, pour le meilleur et

その日をめざして、咲いておくれ。

もう、つぼみ膨らませるおませさんもチラホラ。 Campanule カンパネラが花屋さんに並んでいる。何種類かあるが、紫色の小さな花をたくさんつけるcampanule muralisが育てやすい。宿根草。花壇の縁取りにもい […]

Lhassa– チベット料理を食べると、なんだか心も体も癒される。

 編集部の(美)とパンテオンで待ち合わせ。近くのチベット料理店でお昼にすることに。店に入るとダライ・ラマの肖像が掲げてあって、ここからすでに別世界だ。8€の若鶏カレー野菜添えのワンプレートランチにも心惹かれたけ […]

Choses vues (3) : LA TELEVISION PUBLIQUE

Toute la grille des programmes de NHK1 s’articule autour de l’information : le journal

Vincent Delerm — 2枚目のアルバムも好調な売れ行き。

 「ほら、カフェで灰色のレインコートを着て背中を見せている男、あれはモディアノ、とボクがいった夜…」といったような、都会の風景と都会人の心象を、つぶやくように歌うヴァンサン・ドレルム(27)の2枚目のアルバ […]

脂がのったサケには、オゼイユのソース。 Pave de saumon a l’oseille

 アメリカの科学者が、ヨーロッパの養殖サケは危険、と発表して大騒ぎになりましたが、そのデータがいい加減だったり、アラスカのサケ漁業組合の圧力がかかっていることがわかりました。  サケは身が厚く、pavéとい […]

Gokkun

Ce qu’il y a de bien en japonais avec les onomatopées, c’est qu’elles permettent

OVNI 542 : 2004/4/15

「殺人者は、ビールやミルクを分かち合っていた隣人たちだった。私たちは、再び同じルワンダ人になることができるだろう」 ルワンダのキガリで行われた、大虐殺から10年の追悼式典で朗読された詩。 「残念ながら貧困者は減らなかった […]

C D / D V D

●Carlos Kleiber/ Beethoven Symphonie n。6 (Orfeo)  カルロス・クライバーが1983年に一度だけ指揮したという第6番『田園』、その実況盤が発売された!  クライバーの切れ味鋭 […]