Home
November 2003

Month: November 2003

パリの、音楽ワンダーランド。

 13区のセーヌ河岸に係留されている灯台船内のクラブ Batofarでは、実験からポップまであらゆるタイプの電子音楽をはじめ、ヒップホップ、サイケロック、ギター弾き語り、人形劇など多様なスタイルの伝説のライブが行われてきた。過去には年に一度海外に的を絞ったフェスティバルも開催され、2年前の冬、日本から80人もの...

OVNI 533 : 2003/11/15

●ベルシーのテニス・マスターシリーズ  11月2日、テニスのパリ・ベルシー・トーナメントの決勝が行われた。英国のティム・ヘンマン選手(29)が、正確なサービスと鮮やかなネットプレーでルーマニアのアンドレイ・パヴェル選手(29)を寄せつけず、初優勝(6-2/7-6/7-6)。ヘンマン選...

昔の穀倉・鳩舎に暮らす。  RER C線 Epinay-sur-Orge駅。50m2。

 昔の鳩小屋に住んでいる人がいると聞いたので、訪ねてみた。  ディディエさんの家はパリ南東の郊外、ヴィルモワソンにある。この辺りはなだらかな起伏に富み、その地形を縫うようにオルジュ川が流れる。のどかなイル・ド・フランスの風景だ。ヴィルモアソンは古い町だ。その歴史は12世紀までさかのぼ...

スカーフ問題が再燃。

 新学期以来、パリ北郊外オーベルヴィリエの高校女子生徒アルマ(18)、リラ(16)レヴィ姉妹が教室でもイスラムのスカーフを被り、学校側の妥協案(首の後で結び喉元を出すかスカーフより小さいバンダナにするか)も拒否したことで二人が退学処分になった。15年来くすぶってきたスカーフ問題が再燃、公教育の非宗教...

インターネットのおかげでラジオは21世紀のメディア。

 インターネットやITニュー・メディアが開発された今、ラジオは20世紀のメディアだった、といえます。とはいえ、ラジオは、まだまだコミュニケーションの有効な手段として存在しています。最近はインターネットを通じて、ラジオは新しい聴取者を開拓しているところです。  10月16日、フランス語...

2003年度文学賞。

●ゴンクール賞  本来なら11月初めに受賞者が発表されるはずだったが、今年は100周年ということで、受賞作に先に他の賞が与えられることを恐れ、予定より2週間も先に発表された。受賞したのは、ドイツの劇作家ブレヒトの最後の愛人であり、旧東ドイツ国家保安省のスパイでもあるマリアを主人公とし...

なぜか、とても気に入った作品だ。 “Les Marins perdus”

 秋も深まりシーズンたけなわ、話題作の公開ラッシュ中、『Les Marins perdus/ 迷子の船乗り』という地味な作品が(周囲の評判は決して良くないのだが)何故か(吉)はとても気に入ってる。  破産してマルセイユ港に釘付け状態の貨物船、アルデバラン号が舞台。給与を受け取って下船して行く乗組員たち、船長のアジズ...
article placeholder

フランス語でいうコンフューシュス

 フランス語でいうコンフューシュスは孔子のこと。今、パリのギメ美術館で孔子展(2月29日迄)が開かれているけど、なんとなく東洋人の私が今さら(といっても高校で孔子と孟子の違いもあまり勉強しなかった)とちゅうちょしていた。でもフランス人にどのように儒教の元祖を紹介するのか興味があった。 ...
 

パスワードをお忘れの場合、OVNINAVI.COMに登録したE-mailアドレスにパスワードをお送りします。登録E-mailアドレスを入力してください。


戻る