Monthly Archive:: 3月 2003

生活満足度ナンバーワンの町 Nantes

TGVに乗れば、パリからナントまで2時間8分! そう、はるか昔、奴隷貿易で潤った大西洋への玄関の港町へは、思ったより近いのだ。 海の幸、港町のロマン、興味深い歴史的建造物など、それぞれの想いを胸に、オヴニーのスタッフ3人 […]

Tchao, tchao

カナル・プリュスの番組『La Semaine des Guignols』の終わりで、司会者の パトリック・ポワーヴル=ダルヴォール人形が “A tchao, bon dimanche!(バイバイ、素敵な日曜日 […]

La Table d’Aligre — 朝市でにぎわうアリーグル広場の店。

 パリでも一番にぎやかな朝市が立つアリーグル市場に友人と出かけたら、広場に面しているちょっとしゃれたレストランを見つけた。お昼ごはん時だったので、さっそく入ってみました。  アントレ(あるいはデザート)とメインで12.2 […]

ミカエル・ユーン Michael Youn一 下品なギャグの連発でフランス人の度肝を抜いている。

 〈Morning Live〉は、2000年2月、民放テレビ局M6でスタート。番組の司会者ミカエル・ユーン(29)は、朝の7時から、一晩中パーティーで騒ぎ続けた勢いを覚醒剤でさらにかき立てているかのごとく、画面狭しと暴れ […]

タルタルステーキは薬味が決め手だ。

Steak tartare  「生肉なんて!」とタルタルステーキを敬遠する日本人がいる。ところが、肉好きなフランス人たちは、この一品がメニューに載っていると目を輝かせてしまう。ほとんど手のかからない料理だけれど、決め手は […]

OVNI 518 : 2003/3/15

●モーリス・ブランショ亡くなる  2月20日、『アミダナブ』や『期待 忘却』などの小説、『文学空間』や『来たるべき小説』などの評論で知られるモーリス・ブランショがパリの自宅で亡くなった。95歳。「死」という限界体験と「書 […]

フレデリック・ダヴェリオ

 オヴニーがすっかり惚れこんでいるアコーデオン奏者、フレデリック・ダヴェリオ。小宇宙的な彼のオリジナルも素晴らしいが、今回はヴァイオリン奏者のヴェロニック・ダヴェリオと共演。バッハ、サラサーテ、サティ、ピアソラなどの曲を […]

アルジェリアとテレビ。

 アルジェリアが、約130年にわたるフランスの支配から解き放たれて独立したのは1962年7月3日。それから40年以上経った3月2日、シラク大統領は、フランスの大統領としては独立後初めてアルジェリアを訪問。首都アルジェでも […]

世界のざわめきvs読書の静寂。

 緊迫する一方の世界情勢の中、文芸界の最新の話題として2月末に他界したモーリス・ブランショを取り上げるという選択もあった。話題の新刊本としてLe Mondeの幹部と政財界との繋がりを「暴露」して大きな波紋を投げかけるだけ […]

家に閉じこもりがちな日々が

 仕事がら、家に閉じこもりがちな日々が続くことがある。そんなとき、身なりも気分もだらしなくなりがちだ。そこで朝は、服装を整え、近くのカフェへ外出することにしている。しかしどのカフェでも良いわけではない。一日を新鮮にスター […]

LE LUXE NE CONNAIT PAS LA CRISE

Malgré une crise financière de plus de dix ans au Japon, le marché du

Nouveau tsunami de Films japonais

Il devient vraiment difficile de suivre l’actualité cinématographique japonaise à P […]