Monthly Archive:: 6月 2001

パリでもジェンベ族がふえている。

文・写真:佐藤真 セドリーヌさんもジェンベ族の一人。 ジェンベ入りの袋をかかえ、これから練習です。 ラ・ヴィレット公園で熱演を繰り広げるジェンベ族たち。 photo : Ysabelle Daniel ジェンベdjemb […]

Tu m’étonnes

 昨晩は友人たちが遊びに来て、すっかり飲み過ぎてしまい、”J’ai la gueule de bois(二日酔いだ)” とだらしなく嘆いたら、彼女は “Tu m’ […]

N’zadette M’foua–パリで唯一のコンゴ料理店。

 いかにも手作りっぽい看板など外観からしてとってもアフリカン。カーテンがかかっていて店内がまるで見えないが、臆することはない、入ってみよう。  店の自慢料理の入った85F のコースをとってみる。友人のミキちゃんは、小エビ […]

アメリー・プランさん Amélie Poulain 一 現在、フランスでいちばん話題の女性です。

 モンマルトルに住み、”Deux Moulins” という小さなカフェでウエイトレスとして働いているアメリーさん(23歳)は、ジャン=ピエール・ジュネ監督の新作 “Le Fabuleu […]

アフリカ風焼きトリ。 Poulet grille à l’africaine

 6ページと7ページは “ジェンベ特集” だというから、西アフリカの人たちの好物の一つ、ちょっと辛い焼きトリを作ってみよう。焼きトリといっても串焼きではなく、二つに割ってからタレにしばらく漬け、そ […]

OVNI 481 : 2001/6/15

●コルシカでの脱獄は簡単? 5月31日、オート・コルス県のボルゴ刑務所に、フランシス・マリアーニら3人の釈放命令がファックスで送られてきた。 3人は、「海のそよ風」という暴力団組織に属し、恐喝および武器所持などの容疑で1 […]

Fete de la musique

6月21日は “Fete de la musique”。今年はちょうど20周年で、フランスだけでなくジュネーヴやベルリンにも音楽が溢れるらしい。無料で音楽を聴けるのはうれしいが、コンサートの数が多 […]

1993年9月、ゲストはソルジェニーツィン。

 フランスは文化の国です。そしてフランス人は文化の豊かさを鼻にかけるところがあります。数年以来、フランス政府は、グローバリゼーションが進むなかで、「文化的な例外」を擁護しています。ラジオでは、フランスの音楽を少なくとも4 […]

息子夫婦が仕事で遅くなり

 息子夫婦が仕事で遅くなり、二歳の息子を託児所に迎えに行けなかったのでマミーのわたしが迎えに行ったのだが、母親の署名入りの代理人迎えの同意書を持参しないと自分の孫を引き取れないというのには、ヘー? と思った。そのうえ保母 […]

暑くなると、サイコ・ホラー。 “Un Jeu d’enfants”

 「夏にはホラー」というのは何も日本だけの現象ではなさそうだ。昨年この時期に公開して当たった『Promenons-nous dans les bois/森へ行きましょう』という「出るぞ、出るぞ、ほら出た!」という、ただ怖 […]

室内でいちばん目を引くのは彼の作品群。 地下鉄Mairie des Lilas駅 。28m2、家賃2950F。

 ストラスブール大学の造型美術科を卒業し、昨年10月からパリに拠点を移したギヨームくん。電子音楽とスケートボードを愛する23歳のフツーの若者だけど、本職は教師。中学校で美術を教えている。まだまだ新米先生の彼は、授業中の生 […]

狂牛病に狂猫、”狂犬”病?

現在世界的に問題になっている狂牛病(正式には牛海綿状脳症 BSE:Bovine Spongiform Encephalopathy)が今後どのように流行するのかは、ほとんど予想がつかない (1)。人間への被害規模の拡大が […]