Monthly Archive:: 5月 1998

特集:MAI 68

〈欠落〉への異議申し立て 日高六郎 ほとんど同時に街頭にひろがったフランスの〈五月〉と日本の〈五月〉。私は、日本では参加者、フランスでは目撃者だった。 共通の背景はベトナム戦争。もうひとつ、社会の管理の網の目が、じわじわ […]

S’il vous plaît…

ブリュッセルのカフェのボーイさんは、 “S’il vous plaît…” といいいながら、注文した飲み物を持ってくる。そこで僕らは大あわてで財布さがし。という […]

AU PIED DE FOUET –家庭的雰囲気のビストロ世代交代に成功したお店。

 1793年に開店したという、これこそ正真正銘のビストロです。50年以上変わっていない店内、赤の格子模様のテーブルクロス、常連が自分専用のナプキンを入れておく小さな引き出し…料理もビストロならではの定番が並 […]

ダニエル・コンバンディット Daniel Cohn-Bendit ドイツ緑の党ヨーロッパ議会議員

 「68年5月から30年、これほど楽しいシンボルはないでしょう。ドイツで出馬すれば楽勝でしょうが、私はリスクを負うことを好むのです」と、今年のヨーロッパ議会選挙でフランス緑の党から出馬することに熱心なダニエル・コンバンデ […]

馬肉を食べてヒヒーンと元気になろう。

FRICADELLES A LA SAUCE TOMATE  行きつけの肉屋さんは牛肉と馬肉を売っていて、挽き肉を頼むと「馬それとも牛?」と聞き返される。馬肉がお年寄りに人気があるのは、低カロリーで消化がいいから。またタ […]

OVNI 416 : 1998/5/15

■ エイズの治療に希望 エイズ患者の治療に携わっている病院の全国調査によれば、1995年と比較すると患者の入院日数が半減し、死亡者数が70%減になったことが明らかになった。多剤併用の効果があがっていることと、HIV感染者 […]

1968

 催涙弾と投石の雨のなか、5月のパリは目覚め、そのうねりは、当然のごとく音楽業界にまで達した。まず、ギ・ベアールが歌った、社会変革を促す内容の 「LE GRAND CHAMBARDEMENT」 が口火を切った。労働組合内 […]

1968年とテレビ

 1968年の5月以前、フランスのテレビは情報相の支配下にあり、番組の内容まで情報相が直接決定していました。ニュース番組もジャーナリストがルポのテーマをあらかじめ政府に提出していたので、自発性が全然ありませんでした。19 […]

les esprits “No” to ieru nippon

En 1989, Ishihara Shintarô commettait avec le patron de Sony Morita Akio un ouvrage

LA FRANCE NE COUPE PAS AU SUCCES

HISTOIRE DE TIFS Au-delà de leurs performances sportives, les médaillés japonais des dern […]

5月のチーズ

● Valencay 初夏になると山羊のチーズがおいしくなります。ベリー地方で作られているピラミッド形をしたヴァランセは、薄い塩味と軽い酸味の奥に、春の草花の香り。まぶしてある木灰との調和も素晴しい。30F前後。 ● C […]

Kanzo sensei debarque a Cannes

Si 1997 a été une année exceptionnelle pour le cinéma japonais à Cannes, cu