Monthly Archive:: 3月 1998

Cotes du Jura

 「ジュラ山地のワインというと、サヴァニャン種のぶどうから作られ、長年かかって風味が増していく vin jaune が名高いが、このコット・デュ・ジュラの白にもサヴァニャン種のぶどうが使われている」  黄色味を帯びた輝く […]

ガラスのように冷たく、もろい心

■ガラスの動物園  1945年にテネシー・ウィリアムズが書いたこの有名な芝居では、南部育ちで昔の夢を追う母、足が悪くて極度に内気な姉、文学青年で今の生活から逃避することを夢見る弟が描かれる。  家族3人の食事風景で幕が開 […]

僕がフォーを食べに行くのはこの店。あなたの店はどこ? HAWAIENNE

15 rue Louis Bonnet 20e 01. 4357.1584 無休  読者の方から「パリで一番おいしい フォー pho を食べられるお店は、ベルヴィルの交差点にある華麗都酒家の一階にある “Da […]

RENCONTRE AVEC DES FEMMES REMARQUABLES – 7 – MAMI CHAN ET SON PIANO A MALICE PATRIMOINE MONDIAL DE L’HUMANITE

J’aime pas la Tour Eiffel!”. De la part d’une jeune Japonaise plutôt bien élev&

農業見本市

例年のごとく今年も3月1日から8日までポルト・ド・ヴェルサイユで農業見本市が開かれ、60万人以上の人出となった。 初日にはシラク大統領も訪れ、3時間以上にわたって展示会場を回り、地方名産品を味わったりコンクールで賞をもら […]

PETIT SALE AUX LENTILLES 豚肉とレンズ豆の煮込み

 塩漬けの豚肉とレンズ豆を柔らかく煮た一品は、パリのビストロの定番料理。気のおけない友人たちが集まったら、たっぷり煮込んでフーフーいいながら食べることにしたい。  塩漬けにされた豚のスネ肉、肩肉、三枚肉、スペアリブ、背肉 […]

オーバカナルの成功は食空間ラテン化の象徴

 この欄で紹介するにはちょっと遅すぎた感のある原宿の『オーバカナル』(5474-0076)。朝の光が眩しいカフェテラスをはじめ、ベビーフットのあ るサル、奥のビストロ、併設のパン屋、さらに地下の化粧室と電話コーナー、階段 […]

パリ郊外散歩

日本代表チームは来られないかも知れないけれど。 Stade de France スタッド・ド・フランス  サッカーの“Coupe du Monde”のメイン会場、スタッド・ド・フランスを見てきまし […]

PARIS – ORIGAMI

Bernard, j’ai pondu ce texte cette nuit. Il est certainement à remanier, et probablement

OVNI 412 : 1998/3/15

■ワールドカップ券販売法を批判  入場券を旅行業者等が買い占めヤミチケットが出回っている中、EU委は外国からの購入者への差別(国内に住所のある者に販売)を指摘、仏組織委に販売法の是正を要求(2/19)。例えば6/13日仏 […]

コンサート情報

◆ 佐渡裕+山下洋輔  コンセール・ラムルー管弦楽団の常任指揮者として大活躍の佐渡裕は、ジャズ畑のマルシアル・ソラルやシャンソン歌手のミシェル・フガンと共演したりするなど、クラシックという枠にとらわれない音楽活動を続けて […]

礼儀を教えてやるからね

■ J.-L. Fournier / Je vais t’apprendre la politesse (Payot) 他人を尊重することは礼儀から、と「礼儀」を教科に取り入れる中学校が増えているという。若者 […]