難民救済船支援のデモ

10/6

 地中海で難民・移民救済活動を行う船「アクアリウス」号を支援するデモが欧州各地で行われた。2016年2月以来、2万9500人を救った同船を運営する団体SOSメディテラネによるとマルセイユで1万人、パリで千人など仏大都市と欧州主要都市で計4〜5万人が参加。

 同団体の活動は国際法に違反するたとしてパナマが船籍を取り消したため、同船は4日からマルセイユ港に留め置かれている。同団体の支援呼びかけに対し、スイスの政治家・著名人は国が同団体に船を寄付するようアピールした。一方、5日には、右翼団体がマルセイユの同団体事務局を占拠する事件が起きた。