FI党家宅捜索で、メランション党首怒りの声。

「共和国、それは私だ !私が議員なんだ。そこをどけ、ドアを開けろ !  」

“La République, c’est moi!c’est moi qui suis parlementaire, poussez-vous de là et ouvre cette porte!”

 10月16日朝、「服従しないフランス」党の事務所が家宅捜索された(左のニュース欄参照)。ジャン=リュック・メランション党首は、捜査に立合う権利はあるはずだとして、同党議員数人と事務所に入ろうとしたが、警官数名に妨げられて怒りの叫び。ふだんから大統領、大臣などの特権を批判してきたメランションらしからぬ、この態度の是非が、マスコミで繰り返しとり上げられた。