オード県豪雨で14人死亡

10/14
 南部オード県で14日夜から15日にかけて集中豪雨が発生し、死者14人、負傷者約70人を出した。6時間で295㎜の激しい雨が降った町もあり、道路や橋が崩れ多数の家屋が浸水、一時は約1000人が避難した。700人以上の消防団員らが行方不明者捜索や復旧作業にあたった。

政府は18日に同県の126の市町村について自然災害宣言を発布。国やオード県は緊急見舞金を被災者に支給し、県議会は3700万ユーロを被災者支援と復興工事に充てる。15県から300万ユーロの緊急支援も供出された