Tag : スイーツ

Bio100%の生シュークリーム専門店。

一個食べると途端にもう一個食べたくなる、くせになりそうなおいしさに、うれしい悲鳴が聞こえてきそうなお菓子の紹介です。 店唯一の商品、〈シューペット〉とは、シュー生地を小さく絞り出し、あられ糖をまぶして焼いただけのお菓子〈 […]

地元で強く愛される、家族経営のケーキ屋さん。

TVに出ていたり、世界中に展開していたり、星付きだったり。そんなパティシエ界のスターというわけでなくても、その界隈で根強く愛され、たくさんの顧客をもつお店は実に素敵だと思う。5区はモンジュ広場のこの店は、古き良きフランス […]

決定版のキッシュとタルトに出会える。

ここの看板商品、リンゴのタルト(6€/持ち帰り5.5€)が秀逸! 四つ切りにしたリンゴがたんまりとのった厚みのあるタルトなので、タルト・タタンかと見紛うが、リンゴの酸味を感じる控えめな甘さでシナモンが効いているので、これ […]

ありきたりじゃない至福の菓子にため息。

年末が近づくと、なにかと友人宅を訪問する機会が増えるもの。で、アタマを悩ませることになるのが、その際の手みやげのアイデア。パリにケーキ店は数多くあれど、決してしつこくなく個性的で控えめな甘さにシビレルお菓子なら断然ココで […]

食欲の秋、芸術の秋。両方満たすベルジアンマジック。

 東駅をずっと北上し、ルイ・ブラン駅の交差点に差しかかる少し手前に、突如ブリュッセルかアントワープかと錯覚するような、美しく古めかしい外観の店が目に飛び込んでくる。ウィンドーに書かれたEPICERIE CULTURELL […]

美しく、おいしい季節のフルーツたっぷりのサブレ。

 友人宅へのおよばれなどで、手みやげに困ったらぜひここへ。まず試したいのは、店の看板商品であるサブレ・ブルトンで作られた一口大の小さなデザート〈ボントン〉 (1個1.7€/ 9個箱入15€/16個箱入26€ )。ピエモン […]

ホームパーティを成功させるおいしいものズラリ。

老舗パティスリー「ルノートル」の創業者、ガストン・ルノートル氏の孫で、子どもの頃からガストロノミーの世界にいたという、ニコラさん。そんな彼が立ち上げた店だけあって、保存料や着色料などを使用せず、素材にこだわった良質の食品 […]

パリにおけるアイスクリーム界の新星、 2 軒同時にご紹介!

前号ではgelatoに触れたが、今度は”glace”。 誰もが知っている大御所 Berthillon は不動の地位を保っている。ところが最近、独創的かつ実験的なフレーバーで「自分たちにしかつくれな […]

オリエンタルなお菓子

その日のおすすめはジャメルさんに聞くのが一番。  ママヌおじさんのクスクス店(732号で紹介)でデザートとして食べたお菓子があまりにおいしかったので、その菓子を卸している店へ足を運んでみた。  ウインドーには色とりどりの […]

職人気質な店

 パリはただいまコーヒーショップがちょっとしたブームで、新しい店が続々と開店中。カフェ・ロミもそのうちのひとつだが、ここは豆の焙煎(ばいせん)からやっていて、業務用の販売も手がける職人気質な店だ。市外との境も近く少々寂し […]

小さなケーキ屋さん

アリスさん(左)とリザさん(右)。  知らなければ通り過ぎてしまうような、小さな間口の小さなケーキ屋さん。サンマルタン運河近く、このところめきめきおしゃれ度が増してきているヴィネグリエ通りに、リザさんとアリスさん2人のパ […]

シリアのチョコレートやヌガー

「バラの花びらはゆっくりかんで香りを楽しんで」とラシダさん。  バラの花びらとピスタチオをふんだんに使ったシリアのチョコレートやヌガーの店。  アラブ諸国の菓子と聞くと、非常に甘く油っぽいのではと敬遠しがちだが、シリアの […]