Tag : ピレネー

Quo Vadisのダイアリー

 そろそろ来年のダイアリーを、と考える季節だ。私も愛用していたが、フランス人なら一度はクオ・ヴァディス社(Editions Quo Vadis)製品を使ったことのある人がほとんどだろう。というわけで、今回はナント郊外にあ […]

今月のチーズ:Ossau-Iraty

オッソー・イラティは、バスク地方とベアルン地方のピレネー山地で放牧されている羊の乳から作られる非加熱圧搾タイプのチーズ。2011年、イギリスのチーズコンクールで「生乳チーズ世界一」に選ばれたのももっともな名品だ。固い皮に […]

Tissage Moutetの キッチン・テーブルリネン

テーブルクロスやナプキンは、よく人を食事に招くフランスの家庭には欠かせないもの。テーブルリネンに加え布巾、エプロンなどを伝統のバスクリネンとジャカード織で作るティサージ・ムテ社 (Tissage Moutet)をベアルン […]

料理、そして人との幸運な出会い。

渥美創太さん(29歳) 地元千葉県の高校時代にはプロを目指すほどスノーボードに熱中していた渥美さんは、不運な骨折により進路変更を余儀なくされ、担任から薦められた専門学校リストからフランス料理を選ぶ。ただ、食べることは好き […]

ツール・ド・フランス:英フルームが個人優勝

7/267月4日にオランダ・ユトレヒトをスタートした自転車ロードレース、ツール・ド・フランスは、26日にパリ・シャンゼリゼ大通りで終了し、英チームスカイのクリス・フルームが個人総合優勝を決めた。フルームは第7ステージから […]

軍基地でのテロを計画 -若者3人を逮捕

7/15カズヌーヴ内相は、南仏の軍事基地で将校を殺害するテロを計画していたとして、17、19、23歳の3人の男性を国土監視総局(DGSI)が逮捕したと明らかにした。ヴァランシエンヌ、マルセイユ、パリ郊外と離れた場所に住む […]

料理は仕事以上のもの。

石田克己さん(52歳) 「僕はリヨンで店をやっていまして」と、パリのとあるレストランのテラスで石田さんに言われたのはずいぶん前、以来気になっていた人だった。フランス料理のきらびやかさ、ヌーヴェル・キュイジーヌの立役者の一 […]

〈Combat 闘い〉とアドレナリンをめぐる思索と散策。

かつて闘牛場があったという、 rue de l’Hôpital Saint-Louis。 計算を得意とする左脳をセーヌ右岸、芸術に秀でた右脳を左岸にたとえる話を聞いたことがある。先日、脳の断面図と […]

暴言

 「アラブ人は船に乗せ、大海のど真ん中で沈めればいい。」 今回行われた県議会議員選挙前に、極右の国民戦線党候補たちによる人種差別的、反イスラーム的なメッセージが、彼らのフェイスブックやツイッター上で相次いだ。こ […]

Fashion Mix

フランスに移住したり、フランスでコレクションを発表し続けた重要な外国人ファッションデザイナーの作品を出身国別に紹介している。地味に見られがちな移民歴史博物館だが、それを覆すかのようにガリエラ美術館の協力のもとで行う、華や […]

鶏と野菜の煮込みスープが絶品の深夜レストラン。

 日曜日の夜も朝まで営業している、レアールの本格的なフレンチレストラン。いかにもパリらしい、きらびやかでクラシックな店内には、ミック・ジャガーやフランク・シナトラなど、この店を訪れた有名人のプレートがぎっしりと並べられて […]

窯(かま)が違う、生地が違う。本場ナポリのピッツァ!

 パリ20区、ピレネー駅近くに本格的なナポリのピッツァが食べられる店がオープンしたと聞いたのは昨年11月末。無類のピッツァ好き、ナポリには毎年足を運んでいる私としては、試さずにはいられない。いつも大繁盛で予約必須と聞いた […]