Tag : ショコラ

食欲の秋、芸術の秋。両方満たすベルジアンマジック。

 東駅をずっと北上し、ルイ・ブラン駅の交差点に差しかかる少し手前に、突如ブリュッセルかアントワープかと錯覚するような、美しく古めかしい外観の店が目に飛び込んでくる。ウィンドーに書かれたEPICERIE CULTURELL […]

ホームパーティを成功させるおいしいものズラリ。

老舗パティスリー「ルノートル」の創業者、ガストン・ルノートル氏の孫で、子どもの頃からガストロノミーの世界にいたという、ニコラさん。そんな彼が立ち上げた店だけあって、保存料や着色料などを使用せず、素材にこだわった良質の食品 […]

ショコラのこと

 フランス人にとって、ショコラ、つまりチョコレートはただのデザートではない。 バレンタインやパック(復活祭)、ノエルに欠かせない祝祭の彩りをまとうものであると同時に、ごく気軽に日常的に口にする食品でもある。 朝食にチョコ […]

イベント情報:11月1日号

11月1日(日) EKIDEN Paris 第3回、パリ駅伝。朝9時にパリ市庁舎前スタート、ポンヌフ近くからセーヌ河岸をquai de la Rapée、サンルイ島、シテ島から市庁舎でバトンを渡す。6人で42,195km […]

スイスリークス?

 昨年秋のルクスリークス(ルクセンブルグ脱税機密情報暴露)に次ぎ、今度は、スイスリークス。世界の50余りの大手メディアと共にルモンド紙(2/8付)は、英国金融大手HSBCのスイス支店が2006〜07年にダミー会社やオフシ […]

ユゴ―の食風景 -5-

 『レ・ミゼラブル』(1862年)の冒頭で、元犯罪人であるジャン・ヴァルジャンの人生を変えてしまう人物として登場するのがミリエル司教だ。「定収入、邸宅、馬車、従僕、珍膳(ちんぜん)、あらゆる生活の楽しみ」を持つ […]

本物のショコラに導かれて。

サクレクール寺院はモンマルトルのシンボル。散歩はここを目指して! Lamarck-Caulaincourt 界隈(18区)  モンマルトルの丘は、観光客であふれ商店がギッシリと並ぶ表側に対し、その裏側はしっとりと落ち着い […]

野菜の味が生きるサンドイッチに 宝石のようなまばゆいデザート!

 ソルボンヌの学生や医学生なら誰もが口にする、ウィーン菓子のサロン・ド・テ。かつて学生だった人なら必ずといっていいほど「あそこのショコラ・ショーが大好物で」などと昔話に花を咲かせる。クリームたっぷりのココアやウィンナーコ […]

メタルを聴きながら最上のステーキを食らう。

 手軽でおいしい食事や、夜10時以降のしっかりした食事が意外に難しいのがパリの中心地。そこで登場がこのBlack dogです。一見してメタル好きがたむろすバーで、カウンターでは長髪にタトゥーの屈強なバーマンがビールをサー […]

7h30-24h営業、サンラザールのレストラン。

 SNCFサンラザール駅に、3ツ星シェフ、エリック・フレションの店として昨年夏にオープン。ショッピングモール側なら地上階に、外側からは駅の正面の真ん中、Cour du HavreとCour de Romeを結ぶ通りに入り […]

Salon saveurs(味覚・グルメ見本市)

 クリスマスや大晦日の料理他、誕生日や結婚式、友だち同士の宴会をもり立てるオリジナリティに富んだメインからデザートまで、星付きレストラン、グラン・ヴェフールのシェフ、ギ・マルタン肝いりの「グルメ見本市」が2カ所で開催され […]

丁寧な料理とサービスが魅力のプチレストラン。

 デパート〈ボンマルシェ〉の西、閑静な通りにある明るく居心地の良いプチレストラン。ワインも料理も絶品! とすすめられて、ランチに訪れた。お昼のメニューは、前菜とメインそれぞれ2種類から選べて16€。この日の前 […]