Classique au vert ー 8月の週末は、緑のなかでクラシック。

ヴァンセンヌのParc Floralで、クラシックのフェスティバル。8月の毎週末コンサートが開かれる。お勧めをいくつかご紹介。

6日は、エルメス弦楽四重奏団とアコーデオンのフェリシアン・ブリュットの共演。ガリアーノやピアソラの曲のほかに、ジャック・ブレルの『Vesoul』やバルトークの『ルーマニア民俗舞曲』など。
 12日は、ファン・クイック弦楽四重奏団ほかの演奏で、シェーンベルクの『浄められた夜』、モーツァルトの弦楽五重奏曲K.515という室内楽の名曲中の名曲。
 20日は、フランスを代表するチェンバロ奏者ベルトラン・キュイエと古楽器を演奏する室内楽団キャラバンセライユで、バッハのチェンバロ協奏曲第2・4・5番。
 26日は、パリ室内管弦楽団の演奏でモーツァルトとフランスの現代音楽作曲家フィリップ・マヌリのクラリネット協奏曲。
 室内楽中心なので、早めに入園して舞台近くに座りたい。(真)

コンサート (無料) は16h。入園料 6€/3€。


Parc Floral de Paris (ヴァンセンヌ城前)

75012 Paris
アクセス : M°Château de Vincennes
URL : www.classiqueauvert.paris.fr