星付き仏シェフ流 “ニッポンの味”。

シリル・リニャックの Le Bar des Prés  TVスターとしての顔もすっかり板についた星付きシェフ、シリル・リニャック。11歳年上の某大女優との熱愛&破局が話題となっていた昨年末、シェフの最新店『Le Bar […]

3 Monts / Punk Ipa

 今回のレシピのソース作りで使ったビールが3 Monts。リールに近い醸造所で作られている。色はブロンドだが、アルコール度は8.5%のつわもので、その上、きちんとした苦みも備えている。時間をかけて味わいたい。Punk I […]

キャベツの詰めものから、エストラゴンの香りが…。

葉が縮れている緑色のキャベツ chou de Milan で、オーヴェルニュ地方の名物料理、chou farciを作ってみよう。詰めもの farce の入れ方はさまざまだが、一枚一枚の葉に巻き込むスタイル、つまりロールキ […]

料理と出会い、これまでとこれから。

小林圭さん(39歳)  小林さんはよく「勝負」という言葉を使う。駆け引きが好きなのか?というとそうでもないらしい。地元の長野、そして東京で働いて、1990年代末にフランスへ。数年間地方で働いた後に、パリに出るならば最高の […]

マダガスカル料理は、気軽に旅行気分も味わえる。

春の到来も間近。旅行に出かけたい気分がウズウズしてくる頃。とはいえ、すぐに出かけられる訳でもないので、その対策としてこんな店に出かけてみよう。マダガスカルは、アフリカ大陸南部の東沖に位置する島。アジア文化の影響を受け、米 […]

ムール貝、エビ、白菜のあんかけ

ムール貝はひげを引き抜き、貝同士をこすりに合わせながら数回水洗いし、パソワールにとる。ソトゥーズなどに酒をとり、沸騰してきたらムール貝を重ならないように入れ、すぐにふたをする。強火。殻が開きはじめたら網じゃくしでパソワー […]

ノルマンディーの作家と食 〈14〉

モーパッサン作『ベラミ』(1885年)の主人公デュロワのふるさとは、ノルマンディー地方の片田舎、カントルゥ。亡くなった親友の妻だったマドレーヌを自らの妻に迎えたデュロワは、「きれいな御婦人」である彼女にせがまれるかたちで […]

洋ナシとアーモンドクリームという組み合わせに、拍手がわく。

Tarte aux poires 先日は娘の誕生日だったので、張り切って洋ナシのタルトを作ったら、みんなから「おかわり、おかわり!」で、きれいになくなった。このレシピでは、まずナシをシロップ煮にするという手間をかけている […]

シチリアからの風が吹く。極上オリーブオイル。

もう何年もリピートしているものがある。セドリック・カサノヴァが2008年に開いたLa tête dans les olives のオリーブオイルだ。素材にこだわるレストランやビストロなどで、黒いガラス瓶に入った彼のオリー […]

日本の『テロワール』展示・試食会、フレンチを和素材で。

 去る2月27日、日本の郷土食材を紹介する、プロ向けのイベントが開催された。  「日本の農林水産物を優れた技術で加工した食材」をテーマに、14社*が出展。来訪者は各ブースで食材を試食できるほか、会場の中央で、それらの食材 […]

自家製酵母でこだわりの強い味、 パン・オ・ルヴァンで味わうご馳走サンドイッチ。

日本人にとってのおにぎりのような存在、バゲットサンドイッチ。時折、無性に食べたくなるのが、シンプルな、ハム&バターにピクルス、またはハム&チーズといったようなもの。シンプルだからこそ、素材の良さがものをいう。 Levai […]

今月のチーズ:Mothais

 これから少しずつヤギ乳チーズがおいしくなってくる。直径10センチ、高さ3センチくらいのモテは、ポワトゥー地方で、古くから作られてきたヤギ乳チーズ。湿り気を吸うように最初はクリの葉の上で、3週間ほど熟成される。チーズ屋で […]