映画

映画力と音楽力が昇華する

『Song for Madagascar』  今回紹介する6月21日公開の『Songs for Madagascar』は、とても小規模な映画なので公開もとても小規模(パリで1館とか)と予測されます。なので注意してないと見 […]

『L’amant double』謎を乱反射させ、観客を錯乱に誘う

カンヌ映画祭のコンペ部門に入った4本のフランス映画のうちの一本。この20年で長編17本目となる多作の人、フランソワ・オゾン監督最新作だ。クラシカルな反戦ドラマの前作『Frantz』から一転、今回はデ・パルマやヒッチコック […]

第70回カンヌ映画祭から⑥
スウェーデン鬼才監督に最高賞!

予想を裏切ったパルム・ドール賞。  「今年のコンペティションは不調だね…」。第70回カンヌ映画祭はこんな言葉が飛び交っていた。豊作だった昨年にくらべ、最高賞のパルムドールに相応しいインパクトのある作品が、目に見えて少なか […]

第70回カンヌ映画祭から⑤
星空シネマと今年の公式バッグ。

カンヌ映画祭は基本的にプロ向けの映画祭とはいえ、誰でも楽しめるイベントも多数用意しています。そのひとつが毎年恒例の「Le Cinéma de la Plage浜辺の映画館」。映画祭期間中、砂浜の上に800席のデッキチェア […]

第70回 カンヌ映画祭から④ 超豪華写真。河瀬監督『光』大喝采。

5月24日。映画祭70周年の記念撮影。第一線で活躍する世界の映画人たち115人が集まった、超豪華な写真です。この後、マンチェスターのテロ犠牲者に捧げる黙祷も行われました。 一週間前に就任したばかり(なので映画祭開会式には […]

第70回 カンヌ映画祭から③
黒沢清監督『散歩する侵略者』

5月21日。きょうは、カンヌ映画祭の常連である黒沢清監督作品『散歩する侵略者』の公式上映がありました。主演の松田龍平さん、長谷川博己さん、黒沢清監督がタキシード姿で登場。松田さんは大島渚監督の『御法度』以来、17年ぶりの […]

第70回 カンヌ映画祭から②
Netflix論争

今年、コンペティション部門に入った Netflix製作作品2本のうちの1本、ポン・ジュノ監督”okja “の記者会見。朝のプレス上映ではテクニックの問題でスクリーンがうまく開かず大ブーイング。冒頭 […]

苦難を生きた人の心を幸福感に包む、パレスチナ少年の声。

『Le Chanteur de Gaza / 歌声にのった少年』 2005年パレスチナ、ガザの街を駈け抜ける子ども達。ボーイッシュな少女ヌールと弟のムハンマドはいつも一緒、大の仲良し姉弟だ。そこにオマールとアマドを加えた […]

第70回 カンヌ映画祭から①
『無限の住人』

18日夜。アウト・オブ・ コンペティション部門の『無限の住人』の公式上映で。 三池崇史監督、主演の木村拓哉さん、杉咲花さんが大きな拍手に包まれました。上映中は笑いや拍手が何度も起き、とても好反応。杉咲さんの着物姿も注目の […]

平凡な風景もどこか異様に。メメ ・チャン・メルトル監督の作品。

『Album de famille』 長編1・2 作目が対象のカンヌ批評家週間は、未来の巨匠の発掘にうってつけの場。古くはジャック・タチやアラン・レネ、2000年以降はアレハンドロ・G・イニャリトゥやジェフ・ニコルズを輩 […]

ポーランド人巨匠の、21世紀の死生観。

『11 minutes』 『11 minutes 』は、ある夏の日のワルシャワで、17時から11分の間に起きた話である。ただここでは、複数の人間の11分が交錯する…女優とその夫、彼女をホテルの一室で面接する映画監督…ドラ […]

第70回カンヌ映画祭ラインナップ、きょう発表に。

第70回カンヌ映画祭記者会見報告  記者会見場であるシャンゼリゼ大通りの映画館UGCノルマンディーに入ると、目に飛び込んできたのは真っ赤な公式ポスター。1959年に撮影された女優クラウディア・カルディナーレの躍動感溢れる […]