Christian Dior, Couturier du rêve C・ディオール、夢のクチュリエ

2018年1月7日(日)まで ディオールのメゾン設立70周年記念の大回顧展。ディオール本人のドレスから、サンローラン、ボアン、フェレ、ガリアーノなどディオール後継者たち300着のオートクチュールドレス。(月休)

パリで泳ぐ?ヴィレットに3つのプールがオープン。

“Partez!” イダルゴ=パリ市長のかけ声で、50人ほどの子どもが「キャーッ」と歓声をあげながら、水に飛び込んだ。今朝、ヴィレット貯水池の水浴場が、イダルゴ市長と19区の区長の立会いのもと、公 […]

Ed van der Elsken-La vie folle

9月24日(日)まで  オランダの写真家エルスケン(1925-90)が撮った戦後パリの若者、60年代アムステルダムのツッパリ、米ジャズマン、中央アフリカの儀式など。どの写真にも時代と場所の濃厚な空気を感じる。日本を撮った […]

Walter Smith III

 1960年代に、ブルーノートから数々の、どちらかというと地味なアルバムをリリースしたハンク・モブレー。ぼくの愛聴盤は『Workout』で、モブレーが、ふくらみのある落ち着いた音色で、じっくりと音楽を盛り上げていく演奏を […]

Frankie Cosmos

7月26日 (水)  NY生まれのフランキー・コスモスは昨年『Next Thing』をリリース。優しく透明感あるミニマルなロックにファン増加中。ブライアン・イーノ初期のアルバムが好きな人におすすめ。19h30。16.8€ […]

Lucky Peterson

7月21日(金)〜23日&26日(水) ピーターソンはブルースシンガー。M.ウォーターズやB.B.キングのようなルーツは感じられないが、歌もギターもキーボードも見事。客を引き込んでのエンターテイナーぶりが楽しみ。35€。 […]

革命記念日の花火ほかイベント:Feu d’artifice du 14 juillet

7月14日(金) 革命記念日のパリの花火は23h〜(約30分)。エッフェル塔とトロカデロ公園から打ち上げ。シャンドマルス公園で見学可。 ★シャンゼリゼ・パレード 第一次世界大戦へのアメリカ参加100周年の今年は(賛否両論 […]

Portraits de Cézanne

9月24日(日)まで ポール・セザンヌの肖像画だけを初めて一堂に集めた。モデルは家族や友人、地元の人々。ナイフで絵の具を盛った20代の頃の厚塗りから、背景に人物が溶けそうな、水彩画のような晩年の作品まで、作風の変化がわか […]

Nocturne : Zoo de Vincennes

7月6、13、20、27日(木) ヴァンセンヌ動物園は7月、毎週木曜は22h30まで営業。園内アペリティフも可。 19h30から22/16.5€(12-25歳)/14€(3-11歳)。 21h30から入園無料。 Tél: […]

Les Amazones d’Afrique しなやかな、プロテストミュージック。

7月16日(日) ママニ・ケイタなどマリの4人の女性歌手が中心のグループによる、男性中心の社会へのプロテストミュージック。とはいえ音楽はどこまでもしなやか。フィルハーモニー・ド・パリでも熱い拍手を浴びた。無料(入園料2. […]

Autophoto

9月24日(日)まで 車をテーマに、都市の中の車、高速道路、森に置き去りにされて朽ち果てた車など車の写真100点を展示。ジャック=アンリ・ラルティーグ、森山大道、マーティン・パー、ラリー・クラークなど。 月休11h-20 […]

Alexis Cardenas & Recoveco

7月12日(水) モントルイユに最近オープンした音楽スポットで、ヴェネズエラとコロンビア出身のミュージシャンからなる「レコヴェコ」が、楽しくアレンジされた民俗音楽を演奏。ヴァイオリニスト、アレクシス・カルドナスの名人芸に […]