Picasso – Giacometti

2月5日(日)まで ピカソとジャコメッティが同じようなテーマで制作した作品を比べ、二人の違いと共通点を見せる。自画像、動物の彫刻、女性像など。二人の交流を示すドキュメンタリー短編や手紙も展示。 月休。

Roscoe Mitchell

ニュージャズの先端を紹介するフェスティバル「Sons d’hiver」に、ロスコー・ミッチェルのグループが登場する。 ロスコー・ミッチェルは、60年代末期に、シカゴの前衛音楽集団AACMから誕生したアート・ア […]

Andris Nelsons

1月28日(土) ラトビア出身で38歳の指揮者、アンドリス・ネルソンスは音楽のスケールの大きさでは比がない。フィルハーモニア管弦楽団を率い、ブルックナーの70分を超す交響曲第5番を振る。 20h。 45〜85€/20€( […]

Zadkine : Des(t/s)ins de Guerre

2月5日(日)まで 第一次大戦で仏軍に従軍し、ガス弾を浴びて入院した彫刻家オシップ・ザッキン(1890-1967)が、戦場から持ち帰ったデッサンと1917-18年に制作したエッチングを展示。彼の戦争画が一堂に集まるのは初 […]

『淵に立つ』(仏題 HARMONIUM) 深田晃司監督インタビュー

孤独は関係性の先にある。  町工場を営む夫婦の利雄(古館寛治)と章江(筒井真理子)、小学生の娘が暮らす平凡な一家。そこに利雄の知り合いで、刑期を終え出所したばかりのワケあり男・八坂(浅野忠信)が、彼らの生活に入り込む。闖 […]

第11回KINOTAYO現代日本映画祭

邦画の豊かさをアピールする最良の布陣  2006年以来、フランスで現代日本映画の豊かさを伝え続けるKINOTAYO映画祭。「KINOTAYO」という謎の響きは、日本語の「金の太陽」をフランス人も読めるようにした言葉だ。本 […]

パリのど真ん中に ワイン醸造所作りました!

マチュー・ボッセさんの、Les Vignerons Parisiens。 パリ3区、アール・ゼ・メチエ界隈を散歩中、”Les Vignerons Parisiens ”の看板を見かけました。聞けば、ワインの醸造所。 ミク […]

Elisabeth Leonskaja

1月11日(水)、12日(木) グルジア生まれの名ピアニスト、エリザーベト・レオンスカヤがベートーヴェンのピアノ協奏曲5番『皇帝』を演奏。来年から読響の首席客演指揮者となるコルネリウス・マイスターがパリ管弦楽団を指揮。ほ […]

Pavel Haas Quartet

現在一番力がみなぎっている弦楽四重奏団といったら、チェコのパヴェル・ハースSQだろう。彼らが、バルトークの傑作中の傑作、弦楽四重奏曲5番と、シューベルトがこのジャンルで行き着いた15番を演奏する。今シーズン最高の室内楽コ […]

Le grand réveillon soul

12月31日(土) New Morningで年越しパーティー。 Roof TopがJ.ブラウン、S.ワンダー、ビヨンセらのソウルを演奏、その後InFunkWeTrustのDJで朝までダンス。Fnacで早めに予約を。55€ […]

Scènes de chasse en Allemagne, Rayski / Baselitz

狩猟場面は好きではなかったが、「ドイツの狩猟場面」展を見て考えが一変した。素晴らしかった。こんな狩猟場面は見たことがない、1830年から1914年の、ロマン主義から近代までの絵画で、ほとんどがドイツの美術館の所蔵品。野生 […]

Jacky Terrason / Stéphane Belmondo

フランスのジャズ界を代表する、ピアニストのジャッキー・テラソンとトランペット奏者のステファン・ベルモンドが、チャーリー・ヘイデンの名曲『First Song』で始まる『Mother』というアルバムを出した。ホリデイが歌っ […]