テロ未遂容疑で7人逮捕

11/21cazeneuve
カズヌーヴ内相は仏国内で同時テロを準備していたイスラム過激派グループを19日夜に逮捕したと発表した。逮捕されたのは、ストラスブールで仏人2人と仏チュニジア、仏モロッコの二重国籍者2人の計4人、マルセイユではアフガン人、モロッコ人など3人。男性7人とも過激派としてマークされていなかったが、2人はシリア滞在の経験があるとされる。うち5人は特別に勾留期間を延長され、25日にテロ未遂容疑で被疑者に。彼らはシリアの「イスラム国」幹部と連絡を取っており、パリ警視庁など数ヵ所を襲撃する計画だったとみられる。