引退の意思

sarkozy

    「これまで妻と子供たちに数々の試練を強いてきたように思う。これからは彼らの身近にいる時なのだ 」

11月20日ニコラ・サルコジ前大統領は、大統領選の右派予備選挙で20.6%しか得票できず、フランソワ・フィヨン、アラン・ジュペに大差をつけられて決選投票に残れなかった。同夜、選挙本部で、「こうなってしまったが、いささかの後悔も悲しみもない」と語った後の発言。そして「これからは、公よりもプライベートに情熱を注ぎたい」と政治活動引退の意思を表明した。