パリ南郊のフジタの家へ。

couvパリの南西、エソンヌ県の村ヴィリエ・ル・バクルに、レオナール・フジタ(藤田嗣治 ・1886~1968)のアトリエ兼住居が公開されている。
第二次大戦後の1950年に君代夫人を伴ってパリに戻ったフジタが、最後の人生を過ごした家です。
いちばん近い駅から3km近く離れた交通不便なこの村に住むことにしたのは、他人に煩らわされず制作に没頭したいという思いからだった。
村役場のある広場に近い家は、街道に面していて、道路側から見ると2階建てだけれど、庭側からは3階建ての造り。18世紀の農家を改装した小さな家は、フジタの手による絵皿やブリキ細工のオブジェなど、驚くほどかわいらしいモノの数々で埋まっていて、フジタ夫妻の穏やかな暮らしぶりを伝えている。 画材や工具が残された屋根裏のアトリエには、晩年のフジタが心血を注いだランスの礼拝堂を飾るフレスコ画の習作も並んでいます。
エコール・ド・パリを代表する人気作家でモンパルナス狂乱の時代の主役だったFOUJITA、軍部に協力して戦争画を描き、戦後その責任を問われ非難を浴びた藤田といったイメージとは異なるこの小さな田舎家は、人間フジタのやさしい姿が感じられる場所なのです。 (稲)

取材・文・写真 稲葉宏爾

ページ: 1 2 3 4 5 6