ホームパーティを成功させるおいしいものズラリ。

ピスタチオのクリームを手に、店員のマキシムさん。

ピスタチオのクリームを手に、店員のマキシムさん。

老舗パティスリー「ルノートル」の創業者、ガストン・ルノートル氏の孫で、子どもの頃からガストロノミーの世界にいたという、ニコラさん。そんな彼が立ち上げた店だけあって、保存料や着色料などを使用せず、素材にこだわった良質の食品が並ぶ。

まず手に入れたいのは、Trimarchi di villa marcheseのピスタチオのクリーム(6.80€)。バニラアイスやパンケーキなどにちょこんとのっけて食べると至福が訪れること請け合いだ。

生ハムやソシソンなど一連のビゴール豚製品にも注目したい。リエットやテリーヌ、ブーダン(各6.50€)は、持ち運びも便利だし、そのまま薄切りパンにのせれば、立派なおつまみだから、友人宅でのちょっとしたパーティに持っていくのにいい。

スモークサーモンで名高い J.Barthouil のタラマ(5.60€)は、タラコの割合が70%というぜいたくさで、クセになるおいしさだ。料理好きなら常備したいエスプレット産の唐辛子は、5.50€ とリーズナブル。この価格を見て分かる通り、価格設定にも配慮が感じられるのは拍手もの。

世界の逸品を集めているだけあり、日本の調味料や食品も扱っていて、宮古島の雪塩や鳥取産の黒ニンニクのペーストなど、普段は見かけない食材を見つける喜びもあり、楽しくなる。店内には約400種の商品が並び、自分用にもお土産用としても興味深いものが手に入るので有効に活用したい。(里)

epicerie05
epicerie04
epicerie02

bocaux-repas

boutique


épicerie fine JEUNE HOMME

Adresse : 17 rue de Bourgogne, 75007 Paris
TEL : 01. 4373.0395
アクセス : M° Varenne/ Assemblée Nationale/ Invalides
月~土 10h-20h 日休