料理は情熱。

福山司さん(52歳)
IMG_0275
 初めてお会いした集まりの席で福山さんの言動をこっそり観察しながら、福山さんはフランス人社会の中で随分と揉(も)まれてこられたのだろうと思った。熊本生まれ、大阪の学校を出て就職した店の先輩に「パリへ行ってこい」と言われて1986年に渡仏した福山さんは、最初の日本料理店以外ではフランス人たちの間を渡り歩いてきた。いい出会いもあったし、世話になった人たちもたくさんいるけれど、とにかく一つの店に入るとその店の「核を担う」までは働き続ける。フランスに長く住み、言葉が理解できるようになると、当然フランス人の嫌な面も見えてくる。ただ、どんなもの、どんな人にもいい面と悪い面があるならば、いい面を見ていこうと思っていると福山さんは言う。現在の店には15年前にシェフとして入り、その後共同経営者として出資をして、今は「100%自分の店ではないのが歯がゆい」けれども筆頭株主にまでなった。経営者として従業員12人の生活を保障しなければならないことに責任を感じるとはいえ、そのこともまた「楽しいですよ」と語る。福山さんの頭には先輩の「苦労とは労を苦にすることだ」という言葉が今でもこびりついている。労を苦と思ったら負け、だからその前に出せる力で勝負するのが福山流。そのポジティブな面に私は好感を抱く。 (海)
22

34
インタビュー全文:
続きを読む


A&M

Adresse : 136 boulevard Murat, 75016 Paris
TEL : 01.4527.3960
URL : www.am-restaurant.com
12h-14h30/19h30-22h30土曜昼と日曜定休。 セットメニュー36€。アラカルトも有。