2018年度予算、閣議提出

ダルマナン予算相

9/27
マクロン政権の初の予算となる2018年度予算案が閣議に提出された。税制面の主要な変更では、8割の世帯の住居税免税が18年に3分の1のみ減額、残りは19年と20年に段階的に行われる。給与、年金、金融資産にかかる一般社会貢献税(CSG)は1.7ポイント上昇して9.2%に。法人税は18年に33%から28%に減税され、22年には25%に。徴税全体では66億ユーロ減少する。歳出は前年度比で0.5%増。国防、教育、司法の予算が増加し、雇用、住宅予算は減少。財政赤字は国内総生産の2.6%の予定。