汚染卵、フランスで販売

8/7
農業省はフランスの食品会社数社が、殺虫剤「フィプロニル」に汚染された卵をオランダから輸入していたと発表した。家畜のノミ・ダニ駆除に用いられるフィプロニルは食用家畜には使用が禁止されているが、ベルギー、オランダの養鶏場で使用されていた。また、農業省は汚染された300万個の卵と150トンの卵製品が16日までにベルギー、オランダから輸入されたと発表し、汚染卵使用のゴーフル、ブラウニー、マフィンなどを売り場から撤去する措置を採った。大量に消費しなければ健康に害はないためリコールはされない。