春野菜の精進揚げ

菜食主義の友人が食べにくる。幸いなことに八百屋は春野菜であふれている! 精進揚げを作ろう。

まず葉付きで結わえられている新ニンジンだ。なるべく小さめのニンジンを選びたい。皮をむいてから、葉元を2センチほど残して、4ミリくらいの厚さに縦に切る。葉もみずみずしいなら、葉先を切りとって少し低めの温度で揚げるといい。

グリーンアスパラガスは、形がきれいな穂先を10センチの長さに切って揚げる。残りは、固い部分を切りとったり、ひと皮むいてから、かき揚げに入れてもいいし、さっと炒めれば、ほっぺが落ちる。

サヤインゲンは、やはり10センチほどの長さに切り揃え、切り落とした部分はスープなどに利用する。

葉ごと結わえられた小さな新玉ネギは、玉のほうを7センチほど切りとり、薄くはすに切り、緑のところを少々小口切りにして、かき揚げだ。

春野菜ではないが、鮮やかなオレンジ色のサツマイモも、皮ごと5ミリくらいの厚さに輪切りにする。

以上を順に揚げていく。油は落花生油がいい。天つゆは無用。塩や唐辛子粉をさっと振って味わうのが、一番だ。(真)