揚げ春巻き

 スーパーでも売っているブリックの皮feuille de brickを使って、揚げ春巻きを作ってみよう。  まず円形のブリックの皮を、ハサミを使って、パイなどを切り分けるときのように六つの三角形に切る。

 エビのむき身と豚の三枚肉の挽き肉を用意するのだが、フランスの肉屋は豚肉を挽いてくれない。自分でブレンダーで挽くか、中華食品の肉屋に頼むことにしたい。むきエビを包丁でたたいてミンチ状にし、ボウルにとり、挽き肉を加える。小口切りにした万能ネギ、おろしたショウガとニンニク少々も入れて軽く塩、コショウし、エビと挽き肉が均一になるまで丁寧に混ぜ合わせる。好みでゴマ油少々を垂らしてもいい。

 ブリックの皮の三角形の、底辺というか幅の広いところに具を置いて、きっちりと巻き込んでいって、楊枝で止める。フライパンに油をたっぷりとって揚げていき、きれいな焼き色がついたらキッチンペーパーにとって油気を切り、皿にやぐらのように盛りつけ、レモンを添えて食卓へ。ビールに合うおつまみだ。(真)

約6人分:エビのむき身300g、豚のひき肉200g、万能ネギ2、3本、ショウガ、ニンニク適量、塩、コショウ、ブリックの皮6、7枚。