待望のニューオープン。駒つばき。

隠れ家的和モダン空間で、上質な和食文化伝承に賭ける。

 日本人が心から誇れる和食の店が、シャンゼリゼ通りの裏にオープンした。木の温もりが感じられる、優雅で重厚なエントランス。隠れ家のようなその空間に足を踏み入れ、階段を上ると、和装の若女将がゲストを迎えてくれる。 ひのきのカウンター越しに腕をふるうのは、長年に渡ってすし店「コム・デ・ポワッソン」で食通のパリジャンを魅了してきた木野陽一シェフ。そして、福岡の精進料理店「柚子庵」にミシュランの星をもたらした、田窪竜馬シェフ。このふたりが美しい和の世界を作り上げていく様を見ていると、和食がユネスコの無形文化遺産に登録された理由がよく分かる。

 日本の四季のうつろいを感じさせてくれるおまかせコースは、すし懐石、懐石、そして精進懐石。選りすぐられた季節の食材は両シェフの卓越した技で料理され、日仏の食通や健康志向のベジタリアンをうならせる。美味しいだけではないのが、「駒つばき」の懐石だ。絵画のような季節の皿や野菜を使った精進ずし、直接漁師から仕入れる新鮮な魚介は、この店でしか味わえない。上質な日本酒はもちろん、和食に合うよう厳選されたワインリストも充実し、日仏食文化の幸せなマリアージュを体現しているかのよう。 訪れる人々は、心づくしの料理や和空間に癒されながら、この店でしか出来ない食の体験に子供のように目を輝かせる。そんな感動を分かち合おうと、隣に座った見知らぬ人と思いがけず会話が始まることも。そう、本物の和食とは、食を通じて人々を結びつけ、和ませてくれるものなのだ。

【写真・上】ふたりのシェフは息がぴったりで、お互い信頼しあっているのが伝わってくる。壁際には、この地に以前あった和食店「ひょうたん」の名残が。常連の食べたものを覚えていて、同じものは繰り返し出さないようにするという。 【写真・下】美意識が細部まで行き渡る空間を造ったのは、京都に居を構える一流デザイナー中村隆一氏。特別な日の会食には畳の個室がおすすめ。

駒つばき
3 rue d’Artois, 75008 Paris
tél : 01 42 25 26 78(レストランご予約 ) 
tél : 01 45 20 70 37(お持ち帰り)
お席に限りがございます。 お早めのご予約をお願いします。
www.komatsubaki-paris.com/

 

Adresse : 3 rue d'Artois,