ジャン=ジャック・ルソーが暮らしたモンモランシーの家・博物館

Musée Jean-Jacques Rousseau
à Montmorency

庭の奥、敷地の一番高いところにあるこの書斎で、ルソーは次々と傑作を生んだ。Donjon de Rousseau-Musée Jean-Jacques Rousseau-Montmorency-France. photo:Pauline Prévôt.

 パリから約15キロ北の町モンモランシーに、ジャン=ジャック・ルソーが数年間住んだ家が残っている。その家 (モン・ルイ館)を市が買い取り、博物館が公開されたのは1952年。以後、改修と家具・備品の蒐集を経て、18世紀当時のルソーの暮らしを彷彿させる空間が復元された。改修を終えた2階の展示スペースで、新しい企画展が9月23日から始まる。

 フランス革命と人権宣言に影響を与えた哲学者ルソーは、1712年にジュネーヴで生まれた。『エミール』や『告白』などの著者で、作曲家でもある。生後すぐに母親を亡くし、10歳で父親とも別離を余儀なくされた彼は、転々と住む地を変える放浪の人生を歩んだ。

(写真左)ルソーの肖像画(1764年頃)。ルソーの忠実な友人、カンタン・ド・ラ・トゥールは、モン・ルイ館で手を加えたこの肖像画を、後に逃亡中のルソーに贈呈した。”J.J Rousseau, Citoyen de Genève”- Quentin de la Tour, Musée J-J. Rousseau-Montmorency. photo:Henri Delage.   (写真右)ルソー自身が校正した『社会契約論』の原書 (1762年)。自由で平等な市民と国家の社会契約という民主主義の理想を記した。博物館には『人間不平等起源論』や、『デルセール嬢への植物標本』など貴重なコレクションが1万2千点。”Du contrat Sociale ou Principes du droit politique” Musée J-J. Rousseau-Montmorency. photo:Laurent Juillard.

 

 パリでディドロなど百科全書派の哲学者と親交を結び、38歳の時に論文が入賞して名声を得る。オペラ『村の占い師』はルイ15世の前で演じられたが、ルソーは国王の謁見と年金を辞退し、『人間不平等起源論』などに表される独自の政治・社会思想を深めていく。

 パリの喧噪と社交界から逃れてモンモランシーで暮らした1756〜62年は、『社会契約論』『エミール』など、ルソーが主要な大作を完成させた豊かな時期である。だが、再現された台所や寝室に入ると、それがいかに慎ましい生活だったかに驚かされる。暖炉で料理を作りロウソクの灯に頼り、生計の写譜にいそしむ毎日。庇護者のリュクサンブール元帥が修繕させる前は、庭の奥の高みにある書斎には扉さえなかった。

 この小部屋の窓からは遥かパリまで見渡せるが、当時、辺りは森と田園だけだった。ルソーが菩提樹の木陰で読書や訪問者との会話を楽しんだ庭には、石のテーブルとベンチが今も残り、彼が好んだツルニチニチソウが花を咲かせる。自然に溶け込んだ素朴な暮らしの中で、自らの信条「真実に人生を捧げる」を実践したのだな、と偉大な思想家の稀有な情熱に心を打たれる。

ページ: 1 2


Musée J-J Rousseau, Montmorency

Adresse : 5 rue Jean-Jacques Rousseau , 95160 Montmorency , France
TEL : 01.3964.8013
URL : http://museejjrousseau.montmorency.fr