サンドニの高校で暴動?

3/7
パリ郊外サンドニ市のシュジェール高校周辺で同校生徒と警官が衝突し、55人が身柄を拘束された。朝11時頃に校内3ヵ所で小火が発生。校外に避難した生徒のうち10人ほどが敷石を警察に投げつけたり、ゴミ箱に放火。警察は催涙弾やゴム弾で応酬し、55人の若者(ほとんどは同校生徒)が警察に連行された。同様の騒ぎは近くの2つの高校にも飛び火した。SNSに「テオのための高校封鎖」や火炎瓶による高校襲撃を予告するメッセージが出回っていたことから、一部の生徒によるテオ君事件抗議運動がエスカレートしたものという見方がある。